妊娠中の体重管理が妊娠線予防と健康な赤ちゃんの出産に♥

妊娠中の体重管理が妊娠線予防と健康な赤ちゃんの出産に♥

妊娠中の体重管理はとても大切です。これができていないと、急激な体重増加により妊娠線ができる原因、赤ちゃんに必要な栄養が摂取できていないということにつながります。産後もキレイなママでいること、元気な赤ちゃんを授かるために、妊娠前に体重管理の大切さを一緒に勉強しましょう♪
こちらの記事も一緒にチェック!

ベビ待ち女性におすすめマカサプリを紹介しています。今すぐチェック!

妊娠中のベストな体重増加ってどれくらい?

妊娠中の体重管理は「体重を増やさない」ことだと思っている方も多いと思います。これは間違った考えです。単純に健康な赤ちゃんの出産時の体重は、3000gがもっとも望ましいと言われています。そのため、最低でも3Kg増加していないと、逆に体重が減ってしまっているということがいえます。妊娠中に太り過ぎると合併症や難産、妊娠線が起きる確率が高くなるというデメリットがあります。妊婦に必要な体重増加ができなかった場合、低出生体重児が産まれる可能性があります。体重増加の目安は、BMIが18未満の場合、10〜12Kg。女性の標準BMI、18〜25未満で7〜10Kg。BMIが25以上で5〜7Kgです。体重管理は安産力を向上させるだけでなく、生まれてくる赤ちゃんの長期的な健康のためにも大切です。意識して体重管理することが大切となってきます。

妊娠中は太りやすくなる

妊娠中は体重が増えやすくなります。妊娠すると女性ホルモンをはじめとして、様々なホルモンが活発に働き始めます。出産に備えてエネルギーを蓄えようとするのもホルモンの働きです。妊娠中は、体を守ろうとして栄養の吸収具合が高まります。さらに運動量も大幅に少なくなるので、太りやすくなります。このことにより、妊娠線や肌トラブルなどが発生します。妊娠中は、通常よりも太りやすくなるため、意識的に体を動かすようにすることが大切です。注意点として、食事を抜くなどの過激なダイエットはNG。赤ちゃんの栄養状態を悪くし低出生体重児などの要因のひとつになりかねません。さらに妊娠中は鉄分が不足しやすい状態だから、食事を取らないことで貧血などのトラブルを引き起こすことにもつながってしまいます。食事だけで栄養管理をせずにサプリメントなどを積極的に取り入れ、日常生活に体を動かす機会を取り入れるようにしましょう。妊娠中の女性が摂取すべきおすすめのサプリメントは葉酸サプリです。ベビ待ち・妊娠中のおすすめ葉酸サプリ決定版!という記事で詳しく紹介しています。併せてご覧ください。

まとめ

いかがだったでしょうか。妊娠初期から知っておきたい情報を紹介しました。女の子の産み分けを実践しながらも妊娠初期に大切な情報も理解しておきましょうね♥