妊娠初期から気をつけたい妊婦のスキンケア

妊娠初期から気をつけたい妊婦のスキンケア

妊娠中は肌トラブルや髪の悩みが増えてきます。妊娠中もキレイでいるためのお手入れのコツとポイントを知っておきましょう。ここでは、妊娠初期から気をつけたい妊婦のスキンケアを紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

妊娠初期は紫外線カットを!

妊娠したら肌の状態が変わったと感じる人が多少なりともいます。妊娠前よりカサカサしやすい、オイリー肌になったなど、肌が不安定になっている証拠です。さらに妊娠中は様々な要因からホルモンバランスが崩れやすくなります。これも肌の状態が変わる要因のひとつになります。肌が変わったと感じたらスキンケア対策を変える必要があります。そう、年齢と共に肌のスキンケアを変えるように。

妊娠中に多い肌トラブルとは

妊娠中に多い肌トラブルとは
妊娠中のお肌のトラブルで多いのは、シミやそばかすなどの色素沈着です。妊娠するとプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが活発に分泌されます。このホルモンはメラニン色素を作る細胞に働きかけるため、シミや脇の黒ずみの原因となります。そのため、妊娠中は、紫外線が強い10〜16時はなるべく外出しないようにするとベストです。※外出する時は、UVカットや紫外線対策のファッションをするようにすることが大切です。

にきび・吹き出物と髪のパサつき対策も

さらににきびや吹き出物などのトラブルも多いです。妊娠中は、代謝が活発になり汗をかきやすくなります。そのため、皮脂の分泌が活発になりにきびや吹き出物の原因となります。そして、髪のパサつき。髪に必要なタンパク質を赤ちゃんに供給するため、生えてくる髪が細かったり、皮脂の分泌が減るために髪がパサつくことがあります。この状態は妊娠が終われば落ち着きます。妊娠中は高タンパク、低カロリーのバランスの良い食事を心がけ、トリートメントなどでまめなヘアケアをすることが大切となります。これらの症状は、ビタミンCやビタミンB、ミネラルなどをしっかりと摂取すれば解決することができます。食事だけでは、100%完璧な状態にするのは難しいです。そのため、妊娠中のママがもっとも摂取すべき葉酸、妊娠中に必要な鉄分やビタミン・ミネラルをまとめて摂取できる葉酸サプリがおすすめです。ベビ待ち・妊娠中のおすすめ葉酸サプリ決定版!という記事でおすすめの葉酸サプリと葉酸サプリがおすすめできる理由を紹介しています。併せてご覧ください。

まとめ

いかがだったでしょうか。妊娠初期から気をつけたい妊婦のスキンケアを紹介しました。ここで紹介した情報を参考にしてみてくださいね♥