妊娠初期から覚えておきたい妊娠線を作らないためのケア

妊娠初期から覚えておきたい妊娠線を作らないためのケア

妊娠したあとにもっとも注意したいのが妊娠線です。妊娠線は、一度できてしまうと薄くなることはありますが、完全に消すことは難しいと言われています。ここでは、妊娠線のケアを紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

妊娠線とは

妊娠するとお腹の赤ちゃんが大きくなっていきます。気がつくと赤紫の線が何本もできることがあります。これが妊娠線です。皮膚は表皮と真皮と皮下組織の3層で成り立っています。表皮と真皮は伸縮性がありますが、皮下組織は伸縮性がありません。ゆえにお腹が大きくなるスピードについていけず、お腹の弾性繊維が軽く避けて、皮膚がへこみ、薄くなります。そこに赤紫色の線ができたように見える現象です。妊娠線がもっともできやすいのは、お腹まわりですが、脂肪がついて皮膚が伸びやすい、胸、下腹、太もも、おしり、腰、二の腕、わきの下にもできる可能性が高いです。妊娠線対策としてもっとも有効なのが、適正な体重管理と妊娠線クリームなどで保湿することです。妊娠中の体重管理については、妊娠中の体重管理が妊娠線予防と健康な赤ちゃんの出産に♥という記事で紹介しています。

妊娠線はいつからできるの?

妊娠線はいつからできるの?
妊娠線は早い人で、妊娠初期からできる可能性もあります。これは妊娠によるホルモンバランスの変化や運動量の減少により起こる可能性があります。多くの場合は、妊娠中期の4ヶ月目、特に妊娠8ヶ月目から出やすいといわれています。妊娠線は、しっかりとした知識を持った上で対策すれば高い確率で防ぐことができます。

ベルタマザークリームの公式サイトに移動

妊娠線予防の大敵

妊娠線予防の大敵は、「肥満」と「保湿ができていない」「体内の水分不足」です。体重管理に注意しながら、しっかりと保湿するようにしましょうね♪ 水分不足で表皮が乾燥していると皮膚の弾力性がなくごわついた感じになり、痒くなります。そのため、体内の水分補給と保湿が大切となります。妊娠線が生まれてくる赤ちゃんに影響をおよぼすことはありません。しかし、産後もキレイなママでいるために妊娠線の予防をしっかりと行いましょう。お腹や胸は円を描くように、足やおしりは下から上に向けてマッサージしましょう。妊娠線クリームは、ケチケチせずにたっぷり使うようにしましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。妊娠初期から覚えておきたい妊娠線を作らないためのケアを紹介しました。つわりが落ち着きだす、妊娠中期からがもっとも妊娠線の発生に注意する時期です。適切な体重管理は元気な赤ちゃんを授かるためにも大切です。体重管理と保湿ケアと体内の水分不足に注意して、快適なマタニティライフを過ごしましょう♪