快適なマタニティライフを送るために知っておきたい妊娠中のアレコレ

快適なマタニティライフを送るために知っておきたい妊娠中のアレコレ

快適なマタニティライフを送るために知っておきたい妊娠中のアレコレを紹介します。妊娠中の10ヶ月の体の変化をママと赤ちゃんの軸で紹介します。妊娠初期に知っておきたい情報です。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

妊娠初期(1ヶ月〜4ヶ月目 ※0〜15週)

赤ちゃんは、最終月経の開始日を0日とし、受精卵は1週間ほどで着床。その後、胎芽になります。妊娠経過後、15週間で身長が約15cm、体重が120gとなります。妊娠3ヶ月目ぐらいがつわりのピークです。空腹時や寝起きはつわりが辛く、ムカムカすることが多くなります。そして、15週間ぐらいからお腹が大きくなりだします。最低でも妊娠3ヶ月終了時点で、妊娠線予防のケアができているようにする必要があります。ベストは妊活を考え始めたぐらいから対策しておくことです。妊娠1ヶ月目は、ほとんどの人が妊娠している自覚を持ちません。だからこそ、早期の妊娠線対策が重要となります。おすすめの妊娠線対策は、妊娠線クリームでの対策です。

妊娠中期(5ヶ月〜7ヶ月目 ※16〜27週)

妊娠中期はお腹が大きくなりだし、マタニティウェアや妊娠線対策がもっとも重要となる時期です。(お腹が大きくになるにつれて皮膚が薄くなり、乾燥しやすくなります。この点からも妊娠線クリームでお腹まわりを保湿することは大切です。)大きなお腹を支えるために便秘や痔になりやすい人もいます。この時期は、出産・育児の不安を抱きやすい時期です。旦那さんがしっかりとママのサポートをしてあげることが何よりも大切となってきます。ただでさえ、お腹が重く日常生活にも支障をきたします。夫婦で妊娠中の大変さをしっかりと理解して、協力できる体制を作っておきましょう。女の子の産み分けにも共通して言えることですね♪

妊娠後期(8ヶ月〜10ヶ月目 ※28〜39週)

この時期を迎えると赤ちゃんの大きさも身長が約40cm〜50cm 体重も8ヶ月目で約1500g。妊娠10ヶ月目で約3000gとなってきます。お腹のハリも生活のしずらさもピークとなってきます。生まれてくる元気な赤ちゃんのために、とにかく安静にするようにしてください。両親の実家が近い場合は、里帰りすることも視野に入れることをおすすめします。

まとめ

快適なマタニティライフを送るために知っておきたい妊娠中の大まかな流れを紹介しました。全ての時期において葉酸の摂取は大切となります。葉酸サプリの摂取が大切な理由はベビ待ち・妊娠中のおすすめ葉酸サプリ決定版!という記事で紹介しています。併せてご覧ください。