妊娠初期から知っておきたい薬との付き合い方♥

妊娠初期から知っておきたい薬との付き合い方♥

妊娠中の心配ごとで多いのが薬の飲み方についてです。サプリメントは食品なので制限はありませんが、今まで気にしなかったけど、赤ちゃんが体にいるととても心配になると思います。ここでは、妊娠初期に知っておきたい薬との付き合い方を紹介します。ぜひ、ここで学んだ情報を参考にしてみてくださいね!
こちらの記事も一緒にチェック!

女の子の産み分けを成功させるために押さえたい10のことを紹介しています。今すぐチェック!

市販の薬について

市販の薬について
妊娠中の薬の使用については、気になる女性が多いと思います。結論から言うと、市販で販売されている薬は妊娠初期の女性が気づかずに服用してしまうケースもあるので、胎児に影響を与える強い成分は含まれていません。

胃腸薬

胃がムカムカする、吐き気がするということで、つわりと気づかずに胃腸薬を飲むケースもあります。市販の薬でしたら問題ありません。ただし、妊娠に気づいたあとはお医者さんの指示に従うようにしましょう。

漢方薬

漢方薬は基本的に天然由来の成分が使用されているケースが大半です。ただし、継続的に服用する時はお医者さんの指示に従いましょう。

便秘薬

便秘薬は、注意が必要です。オリゴ糖など天然由来の成分が多く含まれるサプリなどを摂取することをおすすめします。

風邪薬

通常の使用方法で服用するだけなら問題がありません。ただし、妊娠に気づいた後はお医者さんにアドバイスをもらい、薬を服用するようにしましょう。

葉酸

妊娠初期から葉酸を摂取すると、胎児神経管閉鎖障害のリスクを極力減らすことができます。厚生労働省が葉酸の摂取を推奨しており、1日あたり400μgの摂取が必要とされています。葉酸はビタミンB1群の1種で、ほうれん草をはじめとする葉物野菜や果物、豆類などの食品に含まれています。葉酸は加熱調理などで栄養が失われやすいという特徴があり、食事から摂取することもできますが、サプリメントでの摂取がおすすめされています。当サイトおすすめの葉酸サプリはベルタ葉酸サプリです。葉酸は当然の事ながら、不足しがちな鉄分やビタミン・ミネラルも摂取できます。まずは、公式サイトを見てください。

ベルタ葉酸サプリの公式サイトに移動

まとめ

日常的に摂取する薬について紹介しました。妊娠が発覚した後にお医者さんで、妊娠中に服用する可能性がある薬をすべて確認することをおすすめします。そうすることで快適なマタニティライフを送ることができるはずです。