男女の産み分けを実現させる2つの方法

男女の産み分けを実現させる2つの方法

男女の産み分けをしたいと思う夫婦・カップルは多いと思います。一生に数回しかない妊娠。それぞれの夫婦に理想の家族計画があります。ここでは、男女の産み分けを実現する2つの方法を紹介します。男女の産み分けは、正しい知識と的確な方法で行えば実現の可能性を高めることができます。ここでは、男女の産み分けを実現させる2つの方法を紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

産み分けとは?

産み分けとは、子どもが生まれるメカニズムに基づいた方法で男女が生まれる確率を最大限高めることができます。男の子・女の子が生まれるメカニズムは、医学的に証明されています。生活リズムの調整や正しい産み分け知識に基づいた、妊活を行えば希望の性別の子どもを授かることができます。

女の子が生まれるには?

女の子が生まれるには、男性の精子の種類が重要となってきます。男性の精子は「X精子」と「Y精子」の2種類あります。「X精子」は酸性に強く卵子と受精することで女の子が生まれます。「Y精子」はアルカリ性に強く卵子と受精することで男の子が生まれます。要するに産み分けの成功率を高めるには、女性の膣内のPh値をコントロールする必要があります。これを守ることで希望の性別の子どもを授かる確率を最大限高めることができます。

排卵日の把握

排卵日の把握
産み分けを実現するには、膣内のPh値をコントロールする必要があります。それには、排卵日を把握することが大切です。排卵日を把握するには、排卵検査薬と基礎体温の推移を記録する方法があります。ここでは、基礎体温の推移を把握して排卵日を予測する方法を紹介します。
排卵日は、基礎体温の上昇が見られます。(人によって異なりますが、1℃〜3℃程度)女の子が欲しい場合は、排卵日の2日前にセックスをしましょう。排卵日の2日前は、女性の膣内が酸性に近づいています。女の子が生まれるX精子は、酸性に強いです。女性の膣内が酸性に近づくということは、女の子を授かるX精子が有利な環境に置かれます。そのため、排卵日の2日前にセックスすることが有効となります。逆に男の子が欲しい場合は、排卵日当日が望ましいです。排卵日当日は、女性の膣内がアルカリ性に近づきます。そのため、男の子が生まれるY精子が有利な環境に置かれます。
産み分け成功率を高めるには、その他様々なコツがありますが、排卵日を把握してセックスをするというのがとても大切です。なお、基礎体温の計測は最低3ヶ月が望ましいです。3ヶ月計測しないと正確性に欠けてしまいます。ベストは、基礎体温表を持って産婦人科に相談に行くことです。専門家の見解を確認できるので、排卵日の予測の精度を高めることができます。

潤滑ゼリーを活用する

男女産み分けの可能性を高める潤滑ゼリーを活用してみましょう。当サイトでは、シンゲンメディカル株式会社が製造・販売する潤滑ゼリー、ハローベビーガール(ハローベビーボーイ)を推奨します。同様の機能を持った製品でピンクゼリー・グリーンゼリーがあります。ハローベビーガールを推奨する理由として、安心・安全な国内製造、そして価格が安いという点につきます。また、ハローベビーガールは潤滑ゼリーとしても活用できるため妊活・不妊治療中のカップルにもおすすめできます。

なんでハローベビーで産み分けができるの?

ハローベビーは、Ph値を調整する役目を持ちます。ハローベビーガールは、Ph値を酸性に近づける役目を持ちます。そのため、女の子が生まれるX精子に有利な環境を手軽に作ることができます。(※ハローベビーボーイは、アルカリ性に近づける役目を持ちます。)

成功率はどれくらいなの?

排卵日の把握をして希望の性別の子どもを授かるタイミングを守り、ハローベビーガールを使った場合の産み分け成功率は80%と言われています。失敗する確率は20%です。手軽に産み分け成功率を高めることができるため、多くのカップルに愛用されています。ハローベビーガールの商品情報はハローベビーガールの特徴と使い方という記事で紹介しています。
こちらの記事も一緒にチェック!

ハローベビーガールに関する情報をまとめて紹介しています。購入する前に必要な情報が全て分かります!今すぐチェック!

まとめ

いかがだったでしょうか。男女の産み分けを実現させる可能性を高める2つの方法を紹介しました。産み分けは、正しい知識と正しい方法を行えば成功率を限りなく高めることができます。一生に数回しかない妊娠。納得のいく人生を送るためにひと手間とちょっとの出費を検討してみてはいかがでしょうか。ここで紹介した情報が多くの妊活カップルの役に立てば幸いです。