排卵日を予測して女の子の産み分け成功率を高める2つのコツ

排卵日を予測して女の子の産み分け成功率を高める2つのコツ

当サイトでもたびたび紹介していますが、女の子の産み分け成功率を高めるには「排卵日の予測」と「ハローベビーガールの活用」がもっとも効果的です。ここでは、1人目の子どもは自然に任せて、2人目・3人目の子どもは、産み分けを実践して女の子が欲しいと考える夫婦・カップルに役立つ情報を紹介します。
こちらの記事も一緒にチェック!

ハローベビーガールに関する情報をまとめて紹介しています。購入する前に必要な情報が全て分かります!今すぐチェック!

排卵日の予測をするには

排卵日の予測をするには、基礎体温の計測が大切です。産婦人科や排卵検査薬を活用することも良いですが、まずは自分たちで基礎体温の計測をしてみることが女の子産み分けの第一歩です。排卵日の予測をすることにより産み分けの成功率を高める理由は妊娠する前に知っておきたい産み分け知識と妊娠初期の対策という記事で紹介しています。

基礎体温の計測方法

基礎体温は、最低3ヶ月計測する必要があります。(3ヶ月計測しないと、計測日数が少なくて予測精度が低くなる傾向にあります。)基礎体温計測の注意点として、

  • 起床後すぐに体温を計測する(起きたら動いたりせずに寝たまま計測しましょう。毎日同じ状態で計測するのが大切)
  • 生活リズムを一定に(仕事などもあると思いますが、なるべく規則正しい生活リズムを心がけましょう。特に睡眠不足はNG。計測は同じ環境、同じ時間に行うことでより精度が高まります。)

すでに子どもがいる家庭の場合、朝から子どものケアや食事の準備など慌ただしいものです。旦那さんの協力を得てしっかりと計測できる環境を整えましょう。基礎体温は、ルナルナLiteやPOCKE,INCが出している「生理・排卵日予測もできるグラフアプリ~基礎体温ツール」などのアプリで計測。慌ただしい毎日を過ごしていてもスマホさえあれば、手軽に記録できます。ズボラな女性にもおすすめ♪

基礎体温から排卵日を予測するには

基礎体温から排卵日を予測するには、体温グラフから確認することがベスト。
28日周期の場合、低体温期が約14日間。高体温期が約12〜14日間続きます。排卵日は低体温から高体温になる前の前後3日間です。体温の変化は人によって異なりますが、一般的に1度〜2.5度といわれています。毎日の計測がしっかりとできていれば、高い確率で体温の上昇を確認することができます。折れ線グラフで確認すると一目瞭然だと思います。

体温計は何を使えばいいの?

婦人体温計を使おう
排卵日の予測をするには、デジタル婦人体温計をおすすめします。特にオムロンウェルネスリンクに対応している婦人時計は2000円台で購入でき、手軽でおすすめです。朝起きたら、口に入れるだけのかんたん計測です。平均10秒で測定できる点もGOODです。

ハローベビーガールを活用

ハローベビーガールを活用することにより女の子の産み分け成功率を高めることができます。女の子を授かることができるX精子が卵子と受精する確率を高めて、ステキな家族計画を作りましょう。女の子の産み分け成功率を高めるには、ハローベビーガール♪ ハローベビーガールの商品内容や成功率が高まる理由はこれでOK! ハローベビーガール丸わかり大辞典!という記事で紹介しています。

ハローベビーガールの公式サイトに移動

まとめ

いかがだったでしょうか。排卵日を予測して女の子の産み分け成功率を高める2つのコツとして、基礎体温の計測方法とやり方、ハローベビーガールの活用方法を紹介しました。ぜひ、ここで学んだコツを活用して女の子の産み分けに成功させてくださいね! 理想の家族計画を実現させるには二人の協力と努力が重要と言えます。